Menu
カテゴリーから探す
【PS5】Amazon売れ筋ランキング詳細ページへ

【評価】『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』はアクション満載だけどストーリーは短い。

  • URLをコピーしました!

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』の評価・レビュー記事です!

2018年に発売された本作は、ステルスアクション謎解きが最大の魅力。

掲載画像はすべて序盤のものを使用し、ストーリーの詳細にも触れていないのネタバレ無しで最後まで読めます。

ぜひ、購入前の参考にして下さい!

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』はZ指定(18歳未満プレイ不可)ゲームです。性的描写はありませんが、グロテスクな描写があるので苦手な人は注意。

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー
総合評価
( 4 )
メリット
  • アクションが面白い。
  • ストーリーも面白い。
  • ステルスも楽しい。
  • 謎解き、探検が好きな人は確実にハマる。
デメリット
  • メインストーリーが短め。
  • 過去作をプレイしていた方がストーリーを理解しやすい。

シャドウ オブ ザ トゥームレイダーの項目別評価

ストーリー(4)
アクション(5)
謎解き・探検(4.5)
クリア後のやり込み要素(4)
ゲーム難易度普通~難しい
目次

シャドウ オブ ザ トゥームレイダーのレビュー・評価

執筆時のプレイ時間:約15時間(1週目クリア、寄り道ほぼなし)

総合評価(4)

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』は、ステルスアクションをメインに展開する謎解き冒険ゲーム。

古代遺跡の探索や、未知の領域への冒険などが好きな人はほぼ間違いなくハマると思います。インディージョーンズとか好きなら確実ですね。

適度な難易度の“謎解き”を解読できたときの達成感もほどよくあり、探索だけでなく敵との戦闘なども結構充実しているので、クリア後には満足できます。

ストーリーが短いのが少し残念でしたが、それでも私は十分に楽しめました。

ちなみに本作は、前作『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』(2015年発売)に続くシリーズ3部作の完結編。ストーリーが短いので恐らく過去作未プレイでも問題なくプレイできるとは思います。(知っていた方が良いに越したことはないけど)

そして2018年発売のゲームですが、今プレイしても遜色ないレベルの映像美でジャングルや洞窟、水中まで、綺麗なグラフィックを堪能できるのも魅力的だと感じました。

気になる人はプレイしておいて損はないと思います!

Tip !

今のところ「トゥームレイダーシリーズ」の最新作が本作になりますが、2022年4月に開発元のCrystal Dynamicsが新作を制作中と発表。価格や発売日は未定ですが、パブリッシャーはAmazon Gamesになるらしいのでスクエニから発売されるのは本作が最後かもです。

ストーリーは短いけど満足できる内容

ストーリー(4)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダーのあらすじ

考古学者である主人公ララがマヤの古代遺跡を舞台に世界の「終末」の予言に立ち向かうストーリー。

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』のメインストーリーは短めです。と言うのも、サブクエストなどをほとんど無視して進めた結果、ストーリークリア時間が約15時間ほどだったので。

しかし、短いストーリーでも物足りないということはなく、内容はちゃんと面白かったので満足できるでしょう。ただ、若干足早に進めすぎている気がしなくもないと感じたので評価は4としました。

気になった点があるとすれば、過去作を知らない人がストーリーやキャラクターを理解するのに少し時間がかかる可能性があるということ。

本作は、前作『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』に続く3部作の“完結編”であり、過去作からいる主要人物は何の説明もなく本作にもいます。いると言っても1~2人程度ですが、説明がないのでシャドウから始める人はストーリー理解への取っ掛かりが少し難しいかもしれません。

まあ、完結編と言っても過去作と大きく関連性があるわけではないので問題はないと思いますが、念のため注意ということで…。

  • 私は前作『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』をプレイ済みです。
Tip !

本作はゲームへの没入感を高めるために、人物の音声を日本語だけでなく現地の人の言葉に変更することができます。スペイン語だったり、民族特有の言葉だったりなどですね。ただ、私は民族の言葉を知らないのでそれが本物かどうかは不明です…。もちろん全て日本語のままでも楽しめます。

  • 音声を変更する場合は字幕をつけないと何喋ってるか分かりません。

本作には人(NPC)がたくさんいる!

前作は雪山が舞台だったこともあり、ほとんど主人公ララ1人で突き進んでいたイメージでしたが、本作には町や村があってたくさんの人(NPC)がいます。

そして会話もできます!

驚くことじゃないかもしれませんが、前作をプレイしている人間からするとかなり嬉しいこと。単独行動が多かった前回と比べて今回は1人じゃありません。

現地の人の生活感を感じられるのは、敵ばっかりが多かった前作よりも探検しているという没入感が増して面白みを感じられました。

とは言ってもダンジョン探索はやっぱり1人ですけどねww

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』の目玉はアクション!

アクション(5)

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』で最も楽しい要素の1つがアクション。アクションはシリーズ共通で楽しい要素でもありますが、その面白さは本作でも健在です。

ピッケルで壁をよじ登ったり、とんでもない高さから飛び降りたり、水中を泳いで遺跡の入り口を探したり、迫り来る災害から全力疾走で逃げたりなど、冒険を最大限に楽しめるアクションが満載

このために『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』をプレイしていると言っても過言ではないでしょう。アクションゲームの中でも1つ抜けて面白いと思います。

Tip !

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』にも前作のようなホラー要素(おっかなびっくり)があります。苦手な人は注意です。

(前作は確か死なないお化けみたいなのだったかな。DLCではゾンビもいたな。)

本作でもステルスアクションがメイン!

ハンドガンやアサルトライフル、ショットガンなどの銃撃戦も楽しいですが、メインの戦闘スタイルはステルスです。(ステルス=敵から隠れて静かに倒す)

本作には、前作になかった“泥を体に塗ってステルス性能を高める要素”が追加され、今まで以上に隠れる場所が増えたのも魅力。泥を塗っただけですが没入度は大幅に向上しています。身を隠せる場所も増えましたね。

しかし、ステルスゲームが好きな人は十二分に楽しめる要素でも、ステルスが苦手な人には難しいと思う場面もあるでしょう。と言うのも、ステルスオンリーで進めなくてはいけない場面があるので。

どうしても敵に見つかってしまう場合はゲームの難易度を下げるのが良いと思います。ステルスオンリーの場面意外は、銃撃戦で何とかなることが多いから多分大丈夫。

ゲーム中盤からショットガンを持てるようになるので、そこからは何が出ても怖いものなしです!

逆に銃撃オンリーの場面もありますが、エイム操作が苦手な私でも普通にいけたので恐らく問題ないと思います。

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』の難易度は難しい?簡単?

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』の難易度は自由に変更できます

ちなみに私は“ノーマル”で全クリしました。難易度の印象は文字通り普通です。敵が強すぎということもなく、逆に簡単すぎたという感じもなくちょうど良い難しさで楽しめました。

上級者向けの難易度や、アクションゲーム初心者向けの難易度も用意されているので、多くの人が問題なく楽しめると思います。

謎解きの難易度も難し過ぎるものはないと感じました。ヒントが必ずどこかにあるのでそれが分かれば攻略サイトを見なくても何とかなるでしょう。

戦闘に関して言えば、チャプター毎にあるボス戦のようなものが少し難しめ。アクションゲームをやり慣れている人にはそうでもないと感じるレベルだと思いますが、初めての人は少し苦戦するかも?

ただ個人的には前作の方が難易度が高かった気はしますね。本作はエイムの感じとか、銃の威力とかが強化?された気がしてやりやすかったです。(前作は銃が当たらな過ぎてほぼ近接攻撃でクリアした…)

ショットガンが強すぎるから多分大丈夫だと思うけど、ボス戦は敵の数が多いので嫌になる可能性もあります。実際、私は「いや、まだ出てくるのかよ?!」ってなったww

Tip !

本作はストーリーを進めながら操作方法を覚えるチュートリアル方式。ゲームの途中で操作が分からなくなっても、適切な場面で操作方法が画面に表示されるのでアクション操作は最悪忘れても何とかなります。

クリア後のやり込み要素は?

クリア後のやり込み要素(4)

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』にはメインストーリーの他に、サブクエストがあります。

住民の問題を解決したり、主人公ララの装備を集めたり、謎に包まれたダンジョンを突破したりなど、ストーリーそっちのけでやることもできるのでクリア後もそこそこ楽しめると言えるでしょう。

サブで1番の醍醐味は「チャレンジトゥーム」。大きな謎解きを堪能できるミッションとなっており、メインストーリーにも劣らない専用のステージが用意されているのが魅力です。

ただ、謎解きは1回やったらもう十分だから継続してできるものではないのがデメリット…。

クリア後には、1週目のスキルや装備を引き継いだ「はじめから+」モードもあるので何度でも楽し見たい人には十分です。

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』のまとめ

  • アクション満載!
  • ステルスが楽しい!
  • 銃撃戦も結構楽しい!
  • 適度な難易度の謎解きも楽しい!
  • 敵以外のNPCがたくさんいる!
  • ストーリーは短くても満足できる!

簡単にまとめると『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』はこんな感じ。

適度な短さのストーリーで休日などを利用してサクッと遊べるのが魅力ですね。また、アクションが本当に面白いから最後まで楽しくプレイできるでしょう。

グラフィックも綺麗で今プレイしても違和感なく遊べます。

ボス戦時の敵の多さがちょっと面倒になるかもしれませんが、アクションゲーム好きなら問題ないはず。初めてのステルスゲームにもピッタリです。

難易度は自由に変更できるので、気になった人はぜひプレイしてみて下さい!

タイトルSHADOW OF THE TOMBRAIDER
発売日2018年9月12日
ジャンルステルスアクション
プラットフォームPS4, Xbox, PC
メーカースクウェア・エニックス

SHADOW OF THE TOMB RAIDER © 2018,2019 Square Enix Ltd. All rights reserved. Published by Square Enix Co., Ltd. SHADOW OF THE TOMB RAIDER and TOMB RAIDER are registered trademarks or trademarks of Square Enix Ltd. SQUARE ENIX and the SQUARE ENIX logo are registered trademarks or trademarks of Square Enix Holdings Co., Ltd.

シェアしてみんなに教えよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

注目のゲームソフト!

この記事を書いた人

ゲーム歴20年以上のゲーマー。1番好きなゲームは『ウィッチャー3』。ゲームが苦手な人にもゲームを楽しんでもらいたくてゲーム攻略ブログも運営しています!! 趣味は海外サッカー観戦ですw 当サイトではゲームの魅力を最大限にお届けするべく、全て本音で執筆し、読者の役に立つ情報を発信していきます!!

目次